カブマスター創立!

投資のリスク管理とは

株式投資をするとき「リスク管理」が大切!

ということはよく聞きます。

株式投資のリスクとはずばり

「お金がなくなること」のみ一点です。

よく言われている株式相場を望むときにリスク管理のためにロスカットをひく

自分の資産の減額パーセンテージや、購入した株式の下降の値段を算出し、そこでの反対売買

確かにロスカットは投資における大切な概念です。

しかしやみくもにロスカットをすればいいというものではありません。

大切なリスク管理の方法として

保持期間の確定です。

株式購入前にある程度の購入してから売却までの「保持をする期間」を決めておくことで

戦略が組み立てられやすいのです。

ロスカットをする必要のある銘柄、

一旦は値段が下がるが、保持をすると上昇へ転じる銘柄

様々です。

色々な戦略を考え実行するうえで、保持期間の選定は

大切な株式投資の技術です。

一覧に戻る

法人口座を運用するための投資手法、伝授します!
まずは一日短期集中セミナーで確かめてください!
どんなことでもお気軽にお電話ください!

052-887-8004受付時間 11:00~18:00

一日短期集中セミナーへのお申込み