カブマスター創立!

株式用語解説

こんにちはカブマスター講師の河端です。

今日は株式用語について

 

解説します。

株式投資はなかなか小難しい用語が多く出てきます。

これは日本で江戸時代からの

 

米取引所で使っていた言葉の名残や

 

日本の株式投資も明治時代からあるものなので

古い言葉がそのまま使われたりしています。

初めて株式投資をやる方はなかなか戸惑う

 

こともあると思います。

よく聞くが、イマイチ腑に落ちていない

初めて聞く言葉がでてくる・・。

分からないけれどなんとなくそのままだ・・

なんてこともあるかと思いますので

 

本日は株式用語について簡単に説明したいと思います。

まず

 

①ザラバ  取引をしている時間のことです。

株式取引でいうと

9:00~11:30 前場(ぜんば)
12:30~15:00 後場(ごば)

 

前場と後場取引をしてる時間のことをザラバと言います。

 

よく「ザラバ中」などと聞くことがありますね。

②ストップ高

株式相場は毎日値段が変動します。

 

値段が上がったり下がったり

 

人間のやることなので過剰になる場合があります。

 

あまり熱が高まりすぎると

 

とんでもない値段になる可能性もあるため

 

その日、その日で各銘柄に値幅制限がひかれています。

 

 

簡単に言うと「本日はいくら上げてもこの値段までですよ」

 

というルールを引いています。

 

それが「ストップ高」という用語になっています。

 

「ストップ高」と聞いたら、その日上昇できる最高の値段と思ってください。

 

ちなみにその反対が「ストップ安」です

③ボラティリティー
ボラティリティーとは値段の上下のブレ幅のことを言います。

 

「この銘柄はボラティリティーが高い」というのは

 

値動きが上下激しい銘柄という意味です。

④利食い(りぐい)
「利食い(りぐい)」という言葉を聞くと思います。

 

これは持っている株の「利益確定」と言う意味になります。

 

「もうあの株利食いました?」と聞かれたら

 

利益確定をしましたか? と言う意味です。

 

人によって「利食う」 「利食った?」など

 

表現をしますが、これは全て利益確定の意味と思ってください。

 

まだまだいろいろありますが、徐々に解説をしていきたいと思います。

一覧に戻る

法人口座を運用するための投資手法、伝授します!
まずは一日短期集中セミナーで確かめてください!
どんなことでもお気軽にお電話ください!

052-887-8004受付時間 11:00~18:00

一日短期集中セミナーへのお申込み