カブマスター創立!

将来に備えて

こんにちは、カブマスターの河端です。

日本の経済、世界の経済、経済の原則はインフレで推移します。

インフレとはモノの値段が上がることを意味しますが、逆に言うとお金の価値がさがることを意味しています。

逆にデフレになるとモノの値段が下がり、お金の価値は高まります!

これがデフレの最大の「悪」なのです。お金の価値が高まると人はお金を溜めることを考えます。

持っていれば持っているほど、価値が高めるため、お金を吐き出すことをしなくなります。

タンス預金、企業の保有資産が過去最大・・これはデフレの温床と言えます。

経済とは常態がインフレです。このデフレもそろそろ本格的に終わりを告げることと思います。

デフレからインフレへこのとき気を付けなければいけないことが、「お金を溜めておくと目減りする」
ということです。インフレとはお金の価値の減少を意味します。

早く物や何かに変換しないと目減りしてきます。

これまでのような貯蓄一辺倒の方向性は、危険です

インフレに完全に移行したとき、最も脚光を浴びるのが株式投資だといえます。

上昇が上昇をよび、数段の上昇をみることが期待できます。

しかし気を付けておかなければいけないのが、暴落、銘柄選択等の技術です。

株式投資は危険を伴いますが、正しい知識と理論をもてば

インフレへの移行時期に有効に機能する分野といえます。

一覧に戻る

法人口座を運用するための投資手法、伝授します!
まずは一日短期集中セミナーで確かめてください!
どんなことでもお気軽にお電話ください!

052-887-8004受付時間 11:00~18:00

一日短期集中セミナーへのお申込み