カブマスター創立!

2020年 相場予想!! …は(ダメ!!)

相場予想ではなく状況対応の準備を

 

あけましておめでとうございます
2020年 日本の株式相場 どうなるのでしょうか?

今年は東京五輪があります
日本にとっては一大イベントですね

しかし年初から 中東情勢が少しきな臭く
株価も年明け
通常であればご祝儀相場となるのですが
今年もやはりそうはならなかったです

世界情勢の煽りをやや受けた感となりました
しかし年明けはやはり 年賀ムードであり
相場の方も大発会の鐘、手締め
新年の ムードでした

株式相場に携わる方は
ほとんどと言っていいほど新年に
「日経平均株価がどうなるか?」を予測します

色々なアナリストさん
有名企業の社長さん
そして 機関投資家

 

しかし
相場の予想というのは
当たるものなんでしょうか?

 

株価というのを 単なる経済の変数と
考えている人は多いです。

 

しかし株というのは 経済に連動している部分も
多くありますが 株というのは株なのです
単体で考えた方が良いです ならば
株の予想した時に どの予想が良い予想なのか
悪い予想なのかなとは わからないのです

 

先のことは誰にもわからない 当たったとしたとしても
偶然です!

 

1年後 アナリスト達の相場予想を
もう一度見れば理解できると思いますが
ほとんど外れています

 

予測して当てることなの無理なのです
では

どうすればよいか?

 

それをお伝えします
ズバリ予想ではなく
相場への対応を考えるべきなのです

 

「こうなったらこうしよう」

 

「こういう状況になったらこの手を打とう」

状況対応を準備していることが
最も有効な投資対応なのです

 

特に それほど軍資金ない法人の方は
この相場対応を考えることが最も重要なのです

 

最も良いのは「日経平均がドカンと下がった時に」
→「どの銘柄を買おうか??」
銘柄選択を 準備しておくことが一番大事です

相場の予測ではなく

 

「状況の変化による対応」
これを考えるべきなのです

 

どなたのかの予測でそれを信じて
株を買うそれは危険なことです
世の中に投資情報があふれていますが
有効なものはごくわずかです

 

特に予想をする人などというのが当たりません
これを 頭の中に入れていただきたいです

 

2020年 皆様にとって良い年になるよう
祈念しています そ相場も良い方向へ行くといいですね

それでは本年もよろしくお願いします

 

youtube 参考↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=yCvaIT3j0ZI

一覧に戻る

法人口座を運用するための投資手法、伝授します!
まずは一日短期集中セミナーで確かめてください!
どんなことでもお気軽にお電話ください!

052-887-8004受付時間 11:00~18:00

一日短期集中セミナーへのお申込み