カブマスター創立!

押し目形成・・は買い場

押し目形成の買い場

 

こんにちは!カブマスターの講師の河端です。
現在 巷では 中国武漢による肺炎の問題で
不安が広がっています。
武漢からの不安要素のためかニューヨークダウが やや下落しております。
日本株も 先週末ぐらいから下落へと転じています
ではこの下落
「どのように投資家としてとらえたらよいか」をお伝えをします。
 

相場には「押し目」という言葉がありますが、
押し目というのは 上昇してる時の
一旦の下落を意味しております
 

 この数ヶ月 日経平均株価は上昇を見ておりました。
それに伴い各個別銘柄も 半年単位で見ると上昇しているものが多いです。
ではこの一週間の作業を見ていると比較的急激に下がったと言えます
上昇中に急に下がった銘柄たちは一旦の「押し目」を形成したと
言えるでしょう。
 

 ただ相場はわからないのでこれから
また下がることもあると思いますし、
相場の流れに乗って上昇していくのかもしれません。
これからどちらか 分からないところですが 一つ言えるのは
上昇中の急激な下げは買い場であるということです。

長期投資で行くなら もう少し下がったところを捉えたいですが
中期投資は3ヶ月か4ヶ月ないし半年以内の投資であれば
今はひとつの買いのタイミングだとも言えます。
どちらにしろ買ってからホールドをして

 「待つ」というのが中長期投資です
 

 ポジションでも待つ この癖をつけて頂きたいのです。
とにかく自分の良いところで入る
これを忘れてはいけません

 

 狙ってる銘柄があると、どうしてもすぐ
「買いに行ってしまう」というのが人間です。
これが後々のマイナスを招く要因となります
投資には「買う」「売る」そして「待つ」
この三つは同列であると思ってください。
待つことというのはとても重要な投資行動の一つです

 

 人間は欲深い生き物ですので、
なかなかできない
これが現実ですが マーケット参加者の9割が負けている
それが相場の歴史です
9割も人は何が出来なかったのか

 

 主に二つあります
まず「株式投資に対しての正しい知識を持たずに相場参加してしまう」
もう一つは「待つ」ことができなかったのです
今 良い投資時期ではありますが肺炎の問題に関して言えば
一時的なものだと思う予想されます
ですので この相場は比較的に戻りやすい状況です
 

 全体的に見れば上昇中の日経平均株価ですから
ひとつの良い時期かもしれません こ
投資タイミングを見計らうことが大事なのです
例えばここは下がっていたとしても
 

 これから購入する投資家はある程度の下掘りのあとで
入ることになりますので
大きな損失とはなりにくいはずです。

一覧に戻る

法人口座を運用するための投資手法、伝授します!
まずは一日短期集中セミナーで確かめてください!
どんなことでもお気軽にお電話ください!

052-887-8004受付時間 11:00~18:00

一日短期集中セミナーへのお申込み