最新情報

夏枯れ相場の後にチャンスあり

夏枯れ相場の後にチャンスあり

 

 夏の時期 8月などは相場参加者が少なく 

 基本的に「夏は相場が枯れる」と言われております 

季節は夏にも関わらず相場が冷え込むといった現象が起こります。

 これはアメリカやヨーロッパなどのサマーバカンスなどの休暇があるためです。

 ただ枯れた相場の後に 相場が活況することは多々ありますし

この8月もしくは9月などで相場は下落した場合 

チャンスが訪れると思ってください。

 基本的には会社法人で行う投資は中長期投資が有効です。

中長期投資の予定として最も考えなければいけないことは

買うタイミング!すなわち相場が下がった時に買いを入れる 

これが最も有効な手段です。

 株価が下がるとニュース報道などで経済的な

失速や不安を煽るパーツの報道が多々出てきます。

今でいうと米中貿易摩擦やトランプ大統領の敵対的な経済外交、

日韓問題など・・

しかし相場が下がるということはバリュー投資家にとっては

買いのチャンスです。下がったところで買いを入れてくることが

多いのです。

この夏もし下がっていくということであれば 

法人口座で行う投資としてはチャンスと言えます

その見極めをしっかりしていきたいところです。

相場は未来の良そうですが

「こうなったときに、こうしよう」

「こうなったらこうしよう」

とパターンを頭に入れ、それに備えることが必要です。


一覧に戻る

法人口座を運用するための投資手法、伝授します!
まずは一日短期集中セミナーで確かめてください!
どんなことでもお気軽にお電話ください!

052-887-8004受付時間 11:00~18:00

一日短期集中セミナーへのお申込み